男性と女性は、それぞれ消費に関するモデルが異なると思われる。調査によると、消費の目的と形式から、男性と女性には明らかな差があると指摘している。男性は実用性と利便性を重視し、女性は買い物の過程を重視する。これらの研究から、中国の消費市場における女性の消費が主役になっていることが窺える。中国の消費市場の未来は女性が握っていると見られる。

需要面を見ると、20〜40歳代の女性人口の規模は、同年代の男性人口より多く、主に消費需要の旺盛なグループにより構成され、女性の消費が顕著であることが分かる。さらに、35歳以下の女性消費水準は当期中国全体消費水準にプラスの影響を与え、女性の消費グループが徐々に中国国内全体の消費増加の推進力になっていることをデータが示している。

供給面では、将来的に男女の収入格差は縮小傾向にあり、女性の消費がますます自由になる。マッキンゼー(McKinsey & Company, Inc.1926年に設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社)が実施した調査の結果によると、2020年までに中国では半分以上の女性がオフィスで働くことになり、所得が増加すると言われている。女性の消費行動の重要性と自由度がさらに高まると予想される。

こうした就業率の向上によって、女性は所得が増え、購買力を持つようになった。BCG(The Boston Consulting Group.1963年に設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社)の予測によると、2020年までに、中国の女性の総所得水準が2010年の1.3億ドル(約147億円)から4億ドル(451億円)の所得水準になるとみられる。将来の中国国内消費水準増加の鍵は、女性消費グループが握っている。

将来、中国女性消費人口が4億8,000万人に達すると予測されている。2015年に発表された『女性生活青書-中国女性生活状況報告』では、都市部に居住している女性に対しサンプリング調査を行った。その結果、毎月一人当たりの消費支出額は7267.2元であった。ここから、女性消費グループ毎月の消費額が8000元まで達し、2020年中国国内女性の消費市場規模は3.84兆元(約66兆億円)に上ると見込まれる。

上記の分析を踏まえ、目下、女性消費グループは中国国内での消費増加の推進力であり、強い購買力に、大きな女性消費グループ規模が加わり、中国国内消費水準がより一層増加するとみられる。

多くの市場調査、販売促進及びマーケティングを携わる弊社が運営している中国女性コミュニティー(美丽mama)は中国人消費者に向けた、日本の最新人気商品や中国人にお勧めしたい日本の良いスキンケア、メイクアップなどの情報を発信しております。

中国人消費者や影響力の高いKOL(インフルエンサー)にサンプルを提供し、口コミをSNS中心として認知向上、販売促進につなげる情報拡散も提供しております。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。詳しい情報提供を致します。どうぞよろしくお願い致します。